就学前と小学生のプログラムがあります。

1クラス単位(40名以内)で行います。

いくら子どもが心配でも、おとなが一日中そばにいて守ることはできません。でも、何かあった時、子どもがどう対処できるかを教えることができます。

子どもワークショップ。先生と子どもたちが参加してのロールプレイ。
うしろ姿ですが、「とくべつな声」を子どもたちに出してもらっています。

みんな! 「けんり」って知ってる?

子どもには3つの特別な権利があるんだよ。

安心する権利

自信を持つ権利

自由に行動する権利

 いじめロールプレイ

 見知らぬ人からの誘拐ロールプレイ

 知っている人からの性的虐待ロールプレイ

 おとなへの相談ロールプレイ

4つのロールプレイを通して子どもたちと一緒に話し合いながら、どうしたらよいか、自分たちには何ができるかを考えます。

子どもたちは決して無力な存在ではないのです。

3つの大切な権利が奪われそうになったときには・・・

  NO  「いやだ」と言う

はっきりと、「いやだ」と言ってもいいんだよ

ひとりで言えないときは、お友達に頼もう。

  GO  逃げる

早く、その場から離れる。特別な叫び声を使おう。

  TELL 相談する

いやな目にあったら、信じてくれる人があらわれるまで話し続けよう。